2007年08月17日

2007.7.25 新型お召し E655系撮影

久々に一発勝負の撮影をしてきました。東急車輌・日立製作所を出場し、常磐線にて試運転を行なったE655系です。天皇陛下などVIPの利用に対応している豪華列車です。

前日に常磐線での試運転情報をいただき、追加情報でダイヤを知ることもできました。こちらはあまり信用がなかったですが、沿線にはずいぶん同業の方々が出ていたのでどうやら本当に走る様子。

時間的に上りの1本のみしか撮影できないので、とりあえず取手周辺で撮影地を探すことに。以前来たことのある取手一高のあたりで待つことにしました。

まだ半信半疑だったものの、カーブの向こうに真っ黒な車体とヘッドライトが見えたときにはテンション最高潮に。ホントに来た…

実際は光の当たり具合によって紫っぽくなったりもするらしい(二千円札かおまえは)ですが、このときは写真に写っているとおりの色に見えました。実際2/3明るめに露出を出したにもかかわらず、側面が潰れ気味になっているように見えます。

なかなか撮影するチャンスもない車両なので、とりあえず撮れてよかったということにしたいと思います。情報をいただいた方々、ありがとうございました。

e655.jpg
取手〜藤代間にて 1/400 f3.2 RDPV


posted by NAGA at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 常磐線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

2007.6.4 常磐緩行線撮影

千代田線・常磐線203系がとうとうくたばることになったらしいので、とりあえず撮りに行くことにした。

生後三ヶ月にして初めて上京した時から22年、ずっと身近な電車ではあった。登場したときは最新装備がついて注目されたらしいが、日本一の混雑率「殺人ラッシュ」を誇る常磐線と千代田線で25年間も酷使され、さすがにガタがきたようだ。

自分もこの22年間、身長ばかりが伸び続け、180cmになるに及んでは乗り降りの時に頭をこするようになってしまった。手すりの数も少なく、実のところあまりラッシュ輸送には向いていないのではないかと思うこともある。

それでも大きな事故を起こすこともなく、現在まで走り続けたタフネスぶりは特筆に値する。後継のE233系に乗れることも楽しみにしつつ、自分の東京での生活を支えてくれた203系に感謝したい。

まあ、相変わらず写真は曇ってばかりなのだが。

203_01.jpg 203_02.jpg

posted by NAGA at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 常磐線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

2005.8.19 藤代〜取手放浪 U

藤代で下車し、猛暑の中を取手方面に向かって国道を歩く。恐ろしいほどの快晴。曇り運の強い俺でも、今日はさすがにいけそうである。

Y:「今日はさすがに晴れそうだね、なんせ晴れたこと確認してから来てるから」
N:「わからんよ、いつも俺の後ろから雲が付いてくるからね、はは」

といいつつも、成功を確信。暑さにダレながらも、3kmほど歩いて某踏切に到達。踏切、鳴り出す。望遠レンズで駅の方を見ると、どうも531らしい。ここに来るまでには相当スピードが乗っているはずなので、LEDが消えるのを覚悟で1/1000を選択。みるみるやつは迫って来た・・・が、やたら遅いことに今更になって気づく。ちっ、これなら1/500でも止まったのにと、後悔しつつさらにポイントを探し進む。

しばらくすると日清カップヌードルの工場に到達。いい感じのポイントを発見したので、日没まで居座ることにする。アウトカーブから順光で撮影。

e653_4.jpg 415_2.jpg e653_3.jpg
ここらへんは手堅く仕留める。ピントはなかなか難しいがそこは経験で。しかし531は来なかった。まぁ新車だからこれからいつでも撮れるのだが。その後は距離を取って山田氏と適当に撮影。夕日の反射を狙うが、なかなかうまくいかない。ちょうどいい反射のカットは先頭部が柵にかかるし。いまいち運がない。

そして遂に日没寸前の一番いい時間帯に巨大な雲が太陽にかかり始める。露出、落ちる。反射、消える。

N:「まさかこんな終わりかたかよ、寒っ」
Y:「帰る?」

そして機材を撤収し、また延々と国道を歩く。そして例によって晴れ始める。すぐに日没。

Y:「またこれかよ」
N:「・・・」

その後は我孫子の弥生軒で肉うどんを食べ、柏のスタバに寄り、帰還。相変わらずの曇り運を発揮した一日であった。どうすりゃ一日晴れるんだろう。
posted by NAGA at 21:57| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 常磐線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

2005.8.19 E531系乗車記・藤代〜取手放浪 T

午後から定番の山田氏に呼ばれ、最近登場したE531系を中心に撮影することにする。


行きは上野1512発の特別快速土浦行き(E531系)で出発。つくばエクスプレスを意識したか、中速域からのダッシュは余力十分であり、キレのある高速クルージングを可能にしている。また、同系列のE231系よりローリングが抑制されている印象を受ける。何かアクチュエータのようなものが搭載されているのだろうか。

全体的に線形はあまりよくないが綾瀬付近で124km/hを記録。これが今回の最高速度となった。また駅間では平均して100km/hほどでクルージングを続けていたので、ダイヤにはある程度の余裕があるのだろう。

強度の連続過負荷運転を可能にした優秀なモーターと制御器を主とした足回りも、独特ではあるが厭味のないハーモニーを奏でており、JR西日本の誇る223系のそれを彷彿とさせる。車内の静粛さとあいまって、E531系の居住性は常磐線中距離電車に求められ、かつそれにふさわしいベースラインをクリアしたと言えるだろう。

柏で山田氏と合流、藤代で降りて撮影ポイント探索開始。こちらは現像が上がり次第報告したいと思います。

e531.jpg
▲E531系
藤代〜取手間にて 1/1000 f3.5 RDPV
posted by NAGA at 23:55| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 常磐線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。