2008年04月15日

2008.3.8 「さよならゆとり踊り子号」撮影

 JR東日本所有の客車ジョイフルトレインとしては最後に残った「ゆとり」のラストランを撮りに行ってきました。

 誘ってもらったken5くんの情報によると、「さよならゆとり踊り子号」として品川〜熱海間を運転するとのことですが、なぜか東海道貨物線経由で来るのとこと。ずいぶん昔に撮って以来、久しぶりに貨物線の撮影となりました。

 当初早川〜根府川間での撮影も考えましたが、山間部で光線が回るか不確実だったので、横浜羽沢〜東戸塚間に狙いを絞り、朝から待ち。

 編成写真の技術に不安はないものの、先行列車で多々チェックするべき項目はあるので、何本か来るとありがたいんですが、あいにくこの日は休日昼間ということで来た貨物列車は3本のみ。

 午後に入って太陽が傾き始め、みるみるうちに陰る光線を気にしつつも、結果的には読み通り機関車に日が当たった状態で撮影できました。ぎりぎりで架線柱の影も回避したので、それなりにお見せできる写真になりました。

 にしても、あまりここで撮影した写真を見たことがなかったんですが、なかなかいい撮影地でした。編成全部は入らないものの、機関車が傾いて迫ってくるので動感をつけることができます。

yutori_b.jpg
東海道貨物線 横浜羽沢〜東戸塚間にて 「さよならゆとり踊り子号」
2008.3.8 1/800 f3.5 RDPV



<14系ジョイフルトレイン「ゆとり」プロフィール>


 1983年に洋風客車「サロンエクスプレス東京」として14系客車から改造されて誕生し、1997年にお座敷客車に改造され「ゆとり」となった。

 編成の両端にフリースペースの展望室をもうけ、展望を楽しめるようになっているのが売りではあったが、老朽化により2008年3月をもって廃車された。


<この日に撮影したそのほかの列車>


ef651139.jpg
EF65 1139
1/800 f4.5 RDPV

ef210137.jpg
EF210 137
1/800 f3.2 RDPV


posted by NAGA at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 放浪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

2008.2.6 高崎機関区 EF65 535撮影

ef65535_01b.jpg
東川口〜東浦和間にて
1/200 f10 RDPV


EF65 535号機概要

1968年、原型のEF65 77号機を改造して誕生。東海道・山陽本線の寝台特急列車の牽引を目的とした増圧ブレーキ・電磁指令ブレーキ装置の増設などが行われた。

寝台列車全盛の時代に、この機関車の性能をいっぱいに使用した最高速度110km/hでの運転と、一日あたり1000キロを超える過酷な運用を僚機と共にこなし続けた。

さすがに疲労の色が隠しきれなくなり、1978年ごろまでに後継のEF65PF型にその運用を譲った。その後は貨物列車の牽引に当たっている。

数あるEF65の中でも、P形(500番台)の中で製造時の見た目をほぼ保っているのは僚機の501号機とこの535号機のみであり、その希少性ゆえに大変人気の高い機関車である。


2008.2.6撮影記

 なかなか貴重らしいEF65 535号機が動くというので、見かけたこともないけれども撮りに行ってみました。

 最近電気機関車ばかりを追っているらしいとのむらくんと朝から合流し、幕張本郷で貨物列車を数本撮ってから東川口〜東浦和間の築堤に連れていってもらいました。

 そこでぼくらを待っていたのは、13本の三脚とそれに倍する数の血走った人々の眼、そしてとても日本語とは思われない専門用語の嵐でした。

イチハチマルイチがどーの」「八王子でマルヨがこーの」「明日のゴーサンにはナントカは入らない」

 たぶん30%ぐらいしか理解してません…機関車派(?)の執念を垣間見た気がしました。ちゃんと撮るなら運用とか勉強しないといけなさそうです。

 EF64の重連やら高速貨物やらを撮ったあと、15:55ごろ本命のEF65 535号機が引く20両ほどの貨物列車がやってきました。この季節でこの時間は、刻々と露出や影の状況が変わるため、それらを読みながら狙うのが腕の見せ所でもあります。

 今回のポイントは、間違いなく「急激に伸びてきた架線柱の影」だっただろうと思います。私は相変わらずF5とリバーサルという組み合わせですが、デジタル時代というのはおもしろいもので、撮影後結果がすぐわかるので、それを見ている顔を見てしまうとだいたい成否がわかってしまいます。

 予想では、30人ほどいた方々のうち、20人は顔に架線柱の影を掛けてしまったのではないでしょうか。みなさんデジカメの液晶を見る目が険しかったので…

 さて、今回初めて535号機を撮ったわけですが、やはりこの機関車の魅力は「顔」じゃないかと考え、45度からの流し撮りを選択しました。できあがってみると、やっぱりいい機関車だなぁと思いますね。年輪が刻まれているかのような、重い顔をしています。連れてきてもらってよかったと心から思いました。

 ヨーロッパやシベリアで化け物のようにでかい機関車はたくさん見てきましたが、それに負けないオーラを小さな車体から放っているように思います。
posted by NAGA at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 放浪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

2008.1.31 EF65 57撮影

 SL南房総号撮影の余りのフィルムを使って、ちょっと気になっていた唯一茶色のEF65 57号機を撮影しに行ってみました。だいぶ日も長くなってきたので、RVPF使用とはいえ露出はなんとかなるかと思っていたのですが…

 総武線を上ってくる高速貨物72列車なので千葉以遠での撮影も考えたのですが、とりあえず手軽に撮ってしまおうという堕落した理由により総武快速線内にて撮影。都心部ということでなかなかきれいに編成を抜けないので、去年購入した安いテレコン(2.0倍)を使用。なんとかパンタグラフも抜けそうなので、光線状態はよくないものの撮ってみることにしました。

 結果的に、SLといい茶色の機関車といい、やっぱり前面に光が回らないとちょっとどうしようもないな、というのがよくわかりました。サボらずに撮影地のリストアップはしておくべきですね。

ef6557_01.jpg
2008.1.31 本八幡にて
1/320 f5.6 RDPF

posted by NAGA at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 放浪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月31日

2007.10.28 「カシオペア」「北斗星」撮影

 台風一過、いい具合に晴れたので、ふらっと「カシオペア」「北斗星」の撮影にでかけました。

 白岡〜新白岡間の陸橋から撮影しました。有名なポイントですから、やはりと言うべきか同業の方も数人。しかし全員デジカメです。自分のF5は完全に浮いてますね。もはや一昔前のプロ機といえど時代遅れなのか。

 カシオペア、北斗星、EF64の貨物、スペーシアなど、なかなかバリエーション豊富に来ました。陸橋から撮影するのが定番らしいですが、下の水田からもなかなか撮りやすかったので真横流しなどいろいろやってみました。しかしあまりかっこよくないですね、やはりやや正面がちに撮ったほうがよかったか。ま、たまにはセオリーに反する撮りかたもいいでしょう。基本の大事さがよくわかりますしね。

 そういえば最近は「北斗星」もカシオペア専用機で運転されることが多いんでしょうか?北斗星のヘッドマークはよく似合いますけども。

 日曜日だったので行きつけのプロラボは休み、普段なら現像を月曜日まで待つんですが、新宿の「カメラのきたむら」にてなんと90分で現像してくれるとのことなので、即依頼。今までなんで気付かなかったんだろうか…

 その後は世田谷線若林にて、「人と鉄道」をテーマに撮影。慣れない撮影はやっぱり結果もそれなりに。残念。逆光で撮ったシルエットがまずまずいい感じになったのが救いでしょうか。

183_02.jpg
183系団臨 1/125 f13 RDPV

cassiopeia_01.jpg
EF81 カシオペア 1/125 f13 RDPV

hokutosei.jpg
EF81 北斗星 1/160 f11 RDPV

seta_02.jpg
東急世田谷線 1/500 f6.3 RDPV

posted by NAGA at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 放浪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月18日

2006.2.9 北総&小田急&京王

 朝バイト終了後北総・大町へ。高架からまばらな新興住宅と梨畑が一緒に見えるところはまさにThe・千葉北西部。電車は20分ごとなので一本で挫折。冬はだめだ、ここは。

 新橋で昼食って小田急へ移動。目を付けといた新駅・はるひ野へ。影が落ちて編成、無理。冬はだめだ、ここも。

 …ただでは起きず近くのトンネルへ。流しポイントを発見したので1/60で多摩急行を斬る。狙いは側面の行き先表示。手応え、まあまあ。

 近くのマックに行ってみると駐車場から京王相模原線が流せることが判明。突然来るので難易度高し。撮りたかった都営の新車(東急車両製)は来ず。手応え、五分五分。

 日没まで粘り築堤の小田急を流そうとするが、マックで粘り過ぎ1/15 f2.8で沈没。リベンジ決定。帰りは新百合から快速急行に初乗車。はえぇ。小田急のイメージ変わったな。

 「努力しても報われるとは限らないが、努力しないと報われることはない」
もはや座右の銘化か?爆

6000.jpg

▲小田急多摩線 はるひ野〜黒川間にて 千代田線6000系 1/15 f2.8 RVPF
posted by NAGA at 01:10| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放浪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

2005.10.30 行ってしまった。

どうも撮影記録だけだと更新も滞るので、どっかいったらその事も書いてみたい。


というわけで、

2005-10-23 008.jpg

行ってきました。
今日本で、もっともHotなスポット。

2005-10-23 009.jpg

靖国神社に。

動機は友達の思いつき(やはり)なのだが、まず鳥居のでかさに圧倒され、観光バスの多さに圧倒される。

神社にはつきものの露店で、軍服売ってるところなんかはさすがとしか言いようがない。

夕暮れ時に行ったのだが、本殿はライトアップひらめきなんかされていて、不気味なことこの上ない。そして売っているみやげは「純ちゃんの黒糖改革まんじゅう」。どこも商売には熱心だ。w

俺の目当ては何かというと、

2005-10-23 010.jpg
零式艦戦52型。

本物をみるのはたぶんこれが初めてなので、感動。とても美しい状態で保存してあった。後で調べたところによるとエンジンもオリジナルであるとのこと。

2階に上がれば艦上爆撃機「彗星」や人間ミサイル「桜花」などもあったようで見たかったのだが、閉館間際だったので断念。

外にあった「特攻隊勇士の像」ともども、ここまで正攻法で日本の戦争を扱った施設も貴重なものであろう。

友達と、「やべぇ、靖国、アツいわ」と言いつつ、撤収したのであった。
posted by NAGA at 01:06| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 放浪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。